株は経済を元気にする

作成 by 日経 - -

株を買うことは自分の利益のためだけでなく、その会社を応援する事、ひいては経済活動の活性化をうながすことにもつながります。

従って、余っていたお金が経済活動のため1こ有効1こ使われるのです。

たとえば、上場している株式会社の株を買ったとします。

「上場(株式上場)」とは、会社の株が、証券取引所で新たに売買されるようになることです。

様々な相場で勝ち続けた日経225自動売買システム ソフィア225

株を買った会社は、新たに打ち出した製品の売り上げが好調で、株価も上がっています。

そうすると、多くの人が同社の株に興味をもつようになり、「株を買いたい」という人が増えて、株価がさらに上昇します。

その結果、会社は、新たに株式を発行して資本を増やす「増資」の際に、高い株価でも買い手がつきやすくなり、より多くの資金が集められるようになります。

増資によって調達した資金は、より多くの利益獲得を目指し、新たな設備投資や新製品の開発などに使われます。

このように、株価が上がると、会社の投資が舌発化するわけです。

そして、設備投資によって生産性が上がったり、新製品が話題になれば、会社の売り上げはまた増えます。

さらに、同社が生産の増加や投資に使ったお金は、原材料を仕入れているB社や新しい機械を購入したC社などに流れて、これらの会社の売り上げも伸び、経済が元気になっていきます。

このように株は、お金の余っている人と株式会社を結びつける役割を果たします。

世の中のお金を有効に活用させ、経済を活性化させる力をもっているのです。

紫垣式「5つの株トレードメソッド」

数多くの人が同じような行動をとれば大きな力になって、日本経済を成長させる原動力にもなります

Comments are closed.